人気ブログランキング |

高松宮記念データブログ

takama2.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 01日

高松宮記念の名レースを語る

高松宮記念で人気のある馬は意外と少ない。1998年にG1レース化されたという歴史の浅さもあるが、それよりも中京競馬場というローカル感がそうさせるのかもしれない。

当時の中京競馬場は小回り平坦といういかにもなローカルコースで一流は走らないコースとされていた。そういうイメージも手伝って過小評価されやすいことはるかもしれない。

2012年に直線を伸ばし坂が設けられた改築コースとなり事情は一変した。今ではローカルの中でも一流馬が選ぶコースになっておりレースレベルはアップしている。

その中で最も名前が挙がったのが驚異的なレコードで制したビッグアーサーだった。名スプリンターであるサクラバクシンオーを父に持ち後継者が不足するなかで騎手や調教師のみならずファンがG1レース制覇を渇望する馬という点も大きかったのだろう。

これで血統がつながると安堵したファンは多い。内国産の種牡馬として初めに活躍したプリンスリーギフト系は細々と血をつないできた。中距離タイプが多かったが生き残った道は短距離というのもまた面白い。

電撃の6ハロンといわれる芝1200m戦。その短さからドラマは生まれにくい舞台だが、だからこそスターホースが出現すれば沸き立つということがあるのだろう。

その次に支持されたのが種牡馬でも三冠馬を送り出した世界的スプリンターのロードカナロア。香港で圧巻のパフォーマンスを発揮しマイル芝1600mまで対応できる所を見せた適応力の高さは随一の存在。

派手なレースぶりではなくとも直線に入れば必ず騎手のアクションに応える頭の良い馬だった。そのあたりが種牡馬での距離適性の幅を広げているのかもしれない。


ロードカナロア産駒の特徴


芝1800以上はパフォマンスが落ちるというのがある。牝系の血統によっては距離を克服してくるタイプもでてくる面白い種牡馬と言えるだろう。

意外と純スプリンターは少ないイメージだが、マイル前後がベストなら出現は時間の問題と言えるのかもしれない。



# by takamatunomiya | 2019-08-01 03:17 | 競馬予想
2019年 07月 27日

騎手のレース運びはゲートをでてから決めている

まだGIは始まったばかりですが、桜花賞といい、人気馬が不思議と5枠に入りますね~。
その5枠のメイショウサムソン。皐月賞で本命にして以来、今日まで、出走すれば本命にしてきましたが、前走がなんともわからない負け。それも惨敗。目に見えない疲れか、とも思いましたが調教では申し分ない動き。
あれだけ追えたら心配ないとみて、ここは意地の本命です。
目を覚ませ、サムソンといったところです。
アサクサキングスはダービー2着のときは“エッ!”という感じ。菊花賞で勝たれてその強さを改めて思い知らされました。こちらは前走、本番をニラんだ仕上げ。先行脚質といい、4才馬強しのデータといい、逆転の可能性も充分。
ホクトスルタンは盾の申し子ということで結構人気しそうですが、大逃げをうつには絶好の枠。横山典弘騎手だけに、あのイングランディーレが思い出されます。
4頭も出走してきたアドマイヤ軍団。
その中では距離が延びるほどいい、アドマイヤモナークに注目します。
ポップロックは超堅実。今日も上位争いは必至。金を目指してウチパク(内田博幸騎手)の手綱捌きが見ものです。迷うのはドリームパスポート。気付いたのは、成績がいい時は、かつてのライスシャワーがそうだったように馬体重が460K台。当日の馬体重の発表が待たれるところですが、絞ってくるとみて買い。
あと、要注意としてアドマイヤフジです。
馬券は馬連なら8から2、3、4、7、10、13。
3連単8軸1頭マルチ、相手2、3、4、7、10、13。
勇気と余裕のある方は14を追加してみては、ということになりますが、人気だけに~ネ。

# by takamatunomiya | 2019-07-27 12:49 | 競馬予想
2019年 07月 26日

騎手のラインを読み取れば競馬予想が面白くなる

言いたい放題というより、毎週毎週ボヤキ放題という形です。今週も又…。
アンタレスSのフィフティーワナー、あんなにモロかったのか。馬体も戻り流れも向いているように思ったんですが、直線向いてエンジンかからず3頭に飲み込まれてしまいました。
これから先、ダート界の中心になるのでは、と期待していただけに考え直す必要があるのでは。
メイショウトウコンにもガッカリ。どんな流れになっても、得意の京都なら突っ込んでくると思ったのに。
厳禁している軸2頭にあえてしたのに…。
思い込みは駄目。常に冷静でないと。
このあたりが競馬の否、馬券の難しいところです。
東京のオークストライアル、フローラSでは収穫がありました。勝ったレッドアゲート。
内田博騎手は「能力の高い馬。まだまだ力をつけてくれそうだし、2000mでこれほどの走りが出来るんですから先が楽しみ」と。
馬体重は428Kとやや小粒ですがレース振りは若駒らしからぬ堂々としたもの。直線フラつくこともなく、ま一文字にゴールへ向かって伸びました。
リトルアマポーラにとって強敵の出現です。間違いなく東の風が吹き始めています。
同じレースに出ていたユキチャン。まっ白な馬体、名前から人気が出ると確信していましたがフタを開けた時にはなんと1番人気。
最終的には4番人気で7着でしたがまだまだこれからの馬で、あの地方のアイドルホースだったハルウララ的存在になると確信しています。
とにかく無事で、を願うのみです。
さあ、今週の天皇賞からGI 6連発。
ここで好結果を出さないと。CLUB KEIBA、皆さん一緒に頑張りましょう。

追)30日(水)、皐月賞キャプテントゥーレで初のGIに勝った川田騎手と対談。
「最初から逃げる積りでいた。誰にも言ってませんでしたが…」と笑っていました。思い切った騎乗が目立つ騎手ですが、天皇賞、アドマイヤフジでは何を考えているのか。直前で、そこまでは聞けませんでしたが、要注意です。

# by takamatunomiya | 2019-07-26 08:48 | 競馬予想