人気ブログランキング |

高松宮記念データブログ

takama2.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 27日

騎手のレース運びはゲートをでてから決めている

まだGIは始まったばかりですが、桜花賞といい、人気馬が不思議と5枠に入りますね~。
その5枠のメイショウサムソン。皐月賞で本命にして以来、今日まで、出走すれば本命にしてきましたが、前走がなんともわからない負け。それも惨敗。目に見えない疲れか、とも思いましたが調教では申し分ない動き。
あれだけ追えたら心配ないとみて、ここは意地の本命です。
目を覚ませ、サムソンといったところです。
アサクサキングスはダービー2着のときは“エッ!”という感じ。菊花賞で勝たれてその強さを改めて思い知らされました。こちらは前走、本番をニラんだ仕上げ。先行脚質といい、4才馬強しのデータといい、逆転の可能性も充分。
ホクトスルタンは盾の申し子ということで結構人気しそうですが、大逃げをうつには絶好の枠。横山典弘騎手だけに、あのイングランディーレが思い出されます。
4頭も出走してきたアドマイヤ軍団。
その中では距離が延びるほどいい、アドマイヤモナークに注目します。
ポップロックは超堅実。今日も上位争いは必至。金を目指してウチパク(内田博幸騎手)の手綱捌きが見ものです。迷うのはドリームパスポート。気付いたのは、成績がいい時は、かつてのライスシャワーがそうだったように馬体重が460K台。当日の馬体重の発表が待たれるところですが、絞ってくるとみて買い。
あと、要注意としてアドマイヤフジです。
馬券は馬連なら8から2、3、4、7、10、13。
3連単8軸1頭マルチ、相手2、3、4、7、10、13。
勇気と余裕のある方は14を追加してみては、ということになりますが、人気だけに~ネ。

by takamatunomiya | 2019-07-27 12:49 | 競馬予想


<< 高松宮記念の名レースを語る      騎手のラインを読み取れば競馬予... >>